Subvisual

カーコーティング

ポリマーコーティング、ガラスコーティングの違い
ポリマーコーティング
ポリマーコーティングとは、車の表面にシリコンやフッ素などを含んだ高分子化合物を塗ってボディ全体を保護する加工のことです。
ポリマーコーティングを施工することで、細かなキズが目立たなくなり、美しい光沢や艶が実現します。
また、撥水効果を得られ、見た目にも満足感を得られます。
ポリマーのメリット
光沢や撥水効果が得られる
キズが目立たなくなる
施工料金が安い
ポリマーのデメリット
効果の持続期間が短い
(半年~1年程度)
定期的な再施工
(メンテナンス)が必要
ガラスコーティング
ガラスコーティングとは車の表面に強固なガラス被膜を形成し、ボディ全体を保護する加工のことです。ガラスコーティングを施工することで新車のような輝き、深い艶を実現することができます。
また同時に汚れの付着を軽減したり、ボディの劣化を防ぐ効果もあります。
メンテナンスも楽で簡単な汚れなら雨や水洗いで汚れが落とせます。
ガラスのメリット
強固な保護膜を形成する
「艶」「光沢」など
深い輝きを得られる
効果の持続期間が長い
(3年~5年)
ガラスのデメリット
施工に時間がかかる

エシュロンのコーティングとグラスハードコーティングとの比較

私共は、最新技術の取り組み、設備、環境で、必ずご満足頂けるボディーケアを提供しております。 単なる理論だけではなく「実際はどうなのか?」これが一番重要です。 今、ガラスコーティングを検討されている方や艶が無く、塗装の状態が悪い等であきらめて再塗装を考えている方、迷いや疑問を感じている方は一度お問い合わ せ下されば詳しくご説明させていただきます。

グラスハードコーティング

性質
グラスハードコートは塗装面の保護を目的とし、光沢膜の表面形成を持続させます。 従来のワックス類やポリマーコート成分とは異なり、油脂石油系溶剤を使用せず、酸化による劣化が生じにくくなっています。
特性
ガラス繊維網にフッ素ポリマーとケイ素ポリマー並びにセルローズ繊維を科学結合させたコーティング材です。 ボディーをガラスとセルローズ、ミクロコート皮膜の屈折のある疎水性塗装面に改質します。
効果
  • 塗装面を水垢や酸性雨などから、保護します。
  • 親水性効果により、特に濃色車ウォータースポットが付きづらくなります。
  • 一般的な汚れの不着物は水洗い程度で落とせます。

ECHELONのコーティング

性質
ECHELONはペルヒドロポリシラザン(PHPS)と呼ばれる物質が、200℃~450℃と いう高温下で、シリカガラス質へ転化する性質を応用したものです。従来、高温での処理が必要だった反応を、常温で起こすことに成功したため、高性能な被膜 を形成できる、画期的なコーティング剤です。PHPSが反応するのは、空気中の酸素(O2)と水(H2O)。そのクリーンな反応により、緻密で高純度なガ ラス被膜が形成されます。
特性
ECHELONに用いられているPHPSの技術は、自動車のコーティングに留まらず様々な分野で使用されて います。半導体等の超精密機器分野では電気絶縁膜等に用いられ、建築関連、船舶でも優れた防汚性、防水性が発揮されています。このように多岐にわたって使 用されている技術であることが、ECHELONの何よりの信頼性の証となっています。
効果
完全無機の皮膜を形成するため、酸化・劣化する ことがなく、非常に長寿命です。また、石英ガラスに相当する、非常に高い硬度があるため、傷がつきにくくいつまでも美しさを保ちます。普段のお手入れも手 洗い洗車のみ。面倒なメンテナンス剤やクリーナー等を定期的にかける必要がありません。

私たち轟屋は、「ECHELON」を採用しています。

エシュロン オフィシャルサイト

轟屋で採用しているコーティング剤
「エシュロン」オフィシャルサイトです。

カーコーティング情報

Page Top